最新の納得できる豊胸術とバストアップ秘密の方法

キシリトールについて

キシリトールについて 著 者: 佐久間 浩之

 

キシリトールは、自然界に存在する甘味料です。

 

白樺や樫などの樹木から採れる成分で

 

主にフィンランドで生産されています。

 

樹木のほか、多くの野菜や果実にも含まれ、

 

例えばいちご100gにはキシリトールが362mg、

 

ほうれん草100gには107mg含まれています。

 

また、生体内でもキシリトールは作られています。

 

 

砂糖よりもカロリーが低く、甘さは同じです。

 

また、溶ける際に熱を吸収するという性質があり、

 

清涼感を促すはたらきがあります。

 

 

口に含んだ際、口内に発生する酸を抑え、

 

虫歯の原因となるミュータンス菌を少なくします。

 

また、酸を抑えて口内の治癒機能をアップさせますので

 

歯の再石灰化が促され、虫歯を予防します。

 

 

フッ素という成分とともに用いることで

 

さらに高い虫歯予防の効果が得られ、

 

長期間、キシリトールを使うことによって

 

虫歯になりにくい環境が徐々に整います。

 

 

虫歯予防に最適な甘味料のキシリトールは

 

イチゴやほうれん草、タマネギやニンジンなど

 

私たちの身近な食べ物にも入っていますが

 

これらの食物を食べることで

 

効果をしっかり発揮するわけではありません。

 

 

キシリトールを使用する上で一番のポイントは

 

「口の中に長く留めておくこと」です。

 

よって、虫歯予防の効果が期待できるものは

 

キシリトールを身体に取り入れる食物ではなく

 

ガムやアメなど、口の中に長く取り入れる物になります。

 

 

キシリトールは、糖アルコールの中では

 

最も甘く砂糖と同じ程度の甘さがあり、

 

溶けるときに熱を奪うので口の中に入れたとき

 

ひんやりとした清涼感があります。

 

そしてこの清涼感は今日、

 

インテリアやファッションの分野でも注目されており、

 

暑さの増す時期になると“キシリトール加工”と呼ばれる

 

処理をほどこした商品がにわかに出回ります。

 

 

これは、キシリトールとエリストール

 

2種の糖アルコールの吸熱反応を素材に利用して

 

清涼感を与える繊維加工です。

 

 

この加工をほどこした素材は

 

皮膚から出る汗とキシリトール・エリストールが

 

吸熱反応を示し、清涼感を得られます。

 

 

しかも肌触りがやわらかになり、保湿効果を備え、

 

無害で安全に清涼感を味わえるといった特徴を備えます。

 

 

綿などの素材と組み合わせば

 

綿の持つ速乾性と加工による保湿効果があいまって、

 

過度に乾かない、肌に安全で優しい素材に仕上がります。

 

また、抗菌や消臭効果もあり、

 

着用時に快適で清潔な着心地を保つ効果があります。

 

 

◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆
発行者:佐久間 浩之
サイト:ネイカル 〜暮らしにうれしいインテリア〜
URL:http://home.n01.itscom.net/nacul/
ページ:http://home.n01.itscom.net/nacul/CCP124.html
◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇◆―◇
※ページの内容は時期により変わる場合もございます。
 ご了承くださいませ。
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

 


ハリウッドセレブバストアップ

 

2カップアップ!メスを使わない超Naturalバストアップ豊胸術

 


■ 貧乳でもぐんぐんバストアップ!奇跡のバストアップ術

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


 
ホーム こいずみ形成ミーティア バストあっぷるん b-upガールズ ハリウッドセレブバストアップ セレブリティバストアップ ミラクルバストアップ ダイナマイトバスト